カネボウだけではない!美白ブームに潜む危険性

カネボウ化粧品の白斑問題が話題となっているのですが、実際になぜこのような事が起こってしまったのかというのが謎ともいわれています。しかし、カネボウが大きな問題となっただけで、美白ブームに潜む危険性をしっかり知る必要があります。

 

実際にキレイになりたいと感じて様々な美白化粧品を使うと思います。しかし、実際に使ってみると肌に合ってない場合には、悩みが増えてしまう結果に終わる可能性もあります。肌にいいものと信じている美白コスメですが、カネボウ以外にの商品にも実は危ないものが世間にあふれかえっているのです。

 

実際に美白とは、これ以上、肌が濃くならないようにするという予防程度で、美白をうたっている化粧品を使ったからといって決して肌の色が白くなるというわけではないという事をきちんと把握しておく必要があります。

 

しかも、美白効果はビタミンCの何百倍などと宣伝されているものもありますが、自社モニターを使ったアンケートでは、効果を測定していないという事実もありフランスでは、コスメの商品の効果をはかる認定機関がありますが、日本には公平性の高い仕組みがないともいわれています。

 

実際に国民生活センターが実施した、紫外線ケアをうたう化粧品の効果を測定したテスト結果では、大手6社の13商品の中で紫外線防止効果があったのは、たった1点だけと言われています。それでも市場にはたくさんの商品が出回っています。

 

今、美白コスメがたくさん商品展開されているのでしょうか。美白コスメの歴史では、元々90年代に資生堂から販売された、シミ、そばかすを防ぐ美容液のホワイティアエッセンスが爆発的なヒットを記録したことから始まったと言われています。

 

ちょうど、メディアが紫外線の肌の影響に注目を始めた時期でもあり、それから続々とカネボウ、コーセー、花王などの大手の化粧品メーカーもホワイト、ホワイトニング、ホワイティと美白を連想させる類似コスメを次々に販売し始めました。それから、一気に美白という謳い文句が消費者の間では常識となったのです。

 

化粧品を使ってケアする事が基本となっている女性の間では、何よりも自分の肌を美白したいと感じている人が多く使っていますが、何より実際に使った後に、自分には向いていない商品と実感する事が出来るという場合も多いのです。

 

実際に、美白化粧品を使う前に、徹底したUVカットを行うようにする事も重要で、今の時代では、日焼け止めなども沢山の種類のものが販売されていますが、以前は今のように商品があるのではなく、少ないと言えました。

 

また、今の時代のように徹底した紫外線対策が必要という事も最近になり、話題となっていますが、何よりも今のケアではどうにもならないという事を理解する必要もあると言われていますし、化粧品は進化している中でも実際に、アレルギー反応を引き起こしてしまうものもあり、何よりも自分に合った商品を選ぶ必要があります。

 

実際に身近にある、プロアクティブや茶のしずくなど多くの住民の方々が目にしたことがある化粧品でさえも様々な問題があると報告されています。

 

また、美白に関しては、肌が黒くなる理由と美白の効果についてしっかり把握する事もだいじです。肌が黒くなるのは、紫外線を浴びる事で、メラニンと呼ばれる色素が肌の内部で作られることが主な原因となっています。

 

そのメラニンを作る酵素の働きを阻害して、結果的にメラニン生成を妨害する事により、美白作用を得ることが出来るのです。また、酸化されメラニンを還元する事により、元の色味を取り戻すというのも美白作用の一つになっています。

 

白く美しくなりたいというのは、日本人の女性の多くの方が思っていることだし、目指している事なのですが、何のリスクなしに有効的な効果を得る事は難しいと言えます。

 

美白成分として有効と言われtエイルのは、アルブチンやコウシ酸と呼ばれる美白成分については、酒粕の中に含まれている成分となっています。実際にメラニン生成阻害効果があったと言われていますが、実際に酒を造る際には、紫外線を浴びるわけではありません。

 

ほとんどの美白成分の効能は期待できないと言われていて、効果を期待する為には、肌に刺激を与える成分しかないとも言われています。美白成分を使った場合でも、表皮の一番奥深くの基低層という部分まで浸透させることも難しいと言われています。

 

カネボウの美白化粧品は多くの方もご存知だと思いますが、効能が強くなってしまった結果、本当にメラニンが生成されなくなってしまい白斑が生じてしまったと言われていますが、美白を目指すには、強い成分で逆効果となってしまうケースも少なくないので、正しい知識で、自分なりのケアで肌を守っていく必要があると言えるのです。

 

美白は女性の憧れでもあり、理想を求めるためには、必要だと考えている人も多いと思いますが、何より、逆効果となってしまう可能性があるという事もきちんと頭に入れておく必要があります。

黒人から白人になった人たち・・・

黒人から白人になった人たちってすごいと感じたことはありませんか。実際に肌を脱色して白くなった人たちを紹介していきたいと思いますので参考にしてみてくださいね。

 

黒人の間では、白い肌を手に入れる事が富と成功の象徴となっていて、それらを引き寄せると考えられているようです。日本では、1998年ごろからガングロブームと言われる黒い肌が美しいと言われていて、男性の一部やギャルたちの間では、今でも黒い肌にあこがれていて、日焼けサロンに通うという人もいます。

 

実際には、黒い肌にあこがれを持っている人がいるように、白い肌にあこがれる美白ブームもその逆となっているだけで世界的に根付いているのだと思います。黒人から白人になった人たちを紹介していきます。

 

・デンシアです。ナイジェリア出身のシンガーのデンシアは、ホワイト二ングクリームを使っていると公言して、ホワイトニングクリームをプロデュースしています。デンシアは、アフリカの本物の黒人肌から、まさに白人の肌を創り上げて、美しい完成をさせている貴重な人です。しかし、肌のメラニン色素に働きかけるので、健康に危険な可能性もあると批判もあり、指摘されています。

 

デンシアによれば、ダニカがプロデュースした自身の名前を冠にするホワイト二ングクリームは肌の黒いところに作用して白くしていく事ができて、この製品を使って歯だが白くなったと語っていて、批判している人がいるかもしれないけど、実際には自分の夢をかなえる事が出来たという事を感じているようです。

 

・ビヨンセです。シンガーソングライターとして黒人女性で最も成功しているビヨンセはその栄光はこの先も続くと思います。また、黒人女性しても最もセクシーでありセックスシンボルであるのもビヨンセとされることが多いようです。彼女はホワイト二ングを行っているかどうかはわかりませんが、ファンの間では確実にやっていると言われています。

 

世界最大の化粧品メーカーとなっているロレアルの広告塔になったこともあり、ホワイトビューティーなスタンダードを意識しているともいわれていて、象徴的存在のビヨンセには、黒人女性として黒い肌の美しさ、ブラックビューティーを広めてほしいという声もあるようです。

 

・リアーナです。カリブ海に浮かぶ島国バルバドス出身の歌手のリアーナも年々白くなっていると言われている一人です。黒人歌手として、最も成功を極めている1人でもありリアーナもファンの間では、絶対にやっていると言われています。

 

リアーナ自身の口から美白していると認められていませんが、関係者によるとヨーロピアンビューティーを意識していると言われています。

 

・ケリー・ヒルソンです。R&Bシンガーソングライターのケリー・ヒルソンは、カニエ・ウエストやニーヨ、リル、ウエインにクリス・ブラウンなどの黒人ラッパーやR&Bシンガーとフィーチャーする人気者です。

 

以前はメンバーとして活躍していましたが、自ら歌うようになり大ヒットを重ねています。長年漂白しているのではとファンに議論されて、疑惑を向けられていますが、そのことに関してはノーコンメントを貫いています。実際にメイクアップでここまで白くすることが出来るという人もいますが、不可能だと思っている人もいるようです。

 

・ニッキー・ミナージュです。黒人ラッパーとして、ボップミュージックシーンで不動の地位を手にしています。若いころのいくつもの写真を見ると完全な黒人ですが、最近では黄色人種のような色合いの肌をしています。

 

また顔も気持ちアジア系になってきている気がしますが、ファンの間では、ニッキーはホワイト二ングしていると議論の話題となっているのですが、本人はコメントしていません。

 

実際に黒人が白人にあこがれていると言いことも理解できますが、ホワイトニングで白くする事が可能でも、メラニン色素などに影響を及ぼしてしまうのは危険と感じる事もあります。

 

実際に日本でも、ガングロが流行っている時には、サロンだけでなく、海で焼いたりする人もいましたが、日光の浴びすぎに関しては皮膚がんのリスクを高めるという事も問題となっていました。

 

実際に、自分にないものを求めてしまうのは、世界中どこでも同じだと思いますが、何よりも、健康面に害を及ぼすことなく、夢をかなえる事が出来ると良いと感じますよね。

 

日本でも、沢山の美白商品が販売されていますが、何よりも安全に使う事が出来るものを選んで美白を行っていく必要があります。少し前には、美白化粧品の成分なども問題となりましたが、日常で美白を目指している人は、何よりも徹底的なUVカットを行う必要があり、そうやって肌を守りながら美白を目指していく必要があります。

 

美白をしたいと考えている人も多いと思いますが、薬剤などを使っても問題が出てしまうと後悔してしまう結果にしか繋がりませんので、何よりも安全な方法で美白を目指していく必要があります。